コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根竹ノ下の戦 はこねたけのしたのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

はこねたけのしたのたたかい【箱根竹ノ下の戦】

1335年(建武2)12月,箱根・足柄一帯で行われた,足利尊氏・直義兄弟と建武政権方の新田義貞軍との合戦。南北朝内乱のおもな序盤戦の一つ。同年11月尊氏・直義兄弟は建武政権に公然とそむいたので,後醍醐天皇は義貞に尊氏らの追討を命じた。義貞は官軍を率いて東下し,足利方を三河に破り,さらに直義を駿河の手越河原に破った。直義は退いて箱根の水飲(みずのみ)(三島市山中付近)に陣した。直義の敗退を聞いた尊氏は鎌倉を発し,12月11日竹ノ下道を迂回して足柄の御坂(みさか)にいたり,足柄明神の南に陣した義貞軍の支隊を大いに破ったので,水飲の直義軍を攻めていた義貞軍の主力も退いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箱根竹ノ下の戦の関連キーワード白旗城西園寺公宗諏訪頼重護良親王南北朝時代(日本)イルハン国征東将軍竹下の戦い中先代中先代の乱

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone