コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友貞載 おおとも さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友貞載 おおとも-さだのり

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
大友貞宗(さだむね)の子。南北朝動乱がおこると,建武(けんむ)2年新田義貞にしたがい,足利尊氏討滅のため鎌倉にむかうが,のち寝がえって尊氏の配下となり伊豆(いず)佐野山の戦いで活躍。建武3年尊氏に降伏した南朝方の結城親光(ゆうき-ちかみつ)を審問中に親光にきられ1月12日死去。幼名は阿多々丸。通称は立花三郎。名は「さだとし」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大友貞載の関連キーワード竹の下の戦い南北朝時代大友貞宗立花山城大村氏立花山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android