箱田 六輔(読み)ハコダ ロクスケ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

箱田 六輔
ハコダ ロクスケ


肩書
玄洋社社長

旧名・旧姓
旧姓=青木

生年月日
嘉永3年5月(1850年)

出生地
筑前国福岡(福岡県)

経歴
福岡藩士の次男に生れ、のち箱田氏の養子となる。明治元年戊辰戦争に参加、維新後征韓論に共鳴したが、佐賀の乱に際し鎮撫隊を組織して従軍。高場乱の塾に学ぶ。8年頭山満平岡浩太郎らと矯志社、強忍社、堅志社を組織。翌9年萩の乱に参加し投獄される。釈放後、12年頭山らと向陽社を組織、初代社長となり、自民民権運動に参加。また筑前共愛会会長となり、愛国社、国会期成同盟などの全国的活動分野でも指導的役割をつとめた。14年向陽社を玄洋社と改めた際、一時平岡に社長を譲ったが、平岡が退いたのち再び社長に就任した。

没年月日
明治21年1月19日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android