コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛国社 アイコクシャ

5件 の用語解説(愛国社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいこく‐しゃ【愛国社】

明治8年(1875)、高知県の立志社を母体に各地の民権政社を結集して組織された政治結社自由民権運動の中核となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

愛国社【あいこくしゃ】

立志社が中心となって1875年に結成した,日本で最初の全国的政治結社。中心人物板垣退助参議復職で自然消滅したが,地租改正反対闘争が各地で盛り上がるや,1878年に再興大会がもたれ,1879年の第2回大会には18県21社が結集。
→関連項目河野広中自由民権石陽社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あいこくしゃ【愛国社】

自由民権政社。愛国公党は土佐立志社とともに全国的な政社を結成する檄を飛ばし,1875年2月22日大阪で大会を開いた。土佐立志社の板垣退助岡本健三郎片岡健吉,林有造ら,阿波自助社の小室信夫井上高格,加賀の島田一郎,陸義猶,筑前の越智彦四郎,建部小四郎,豊前の増田宗太郎,肥後の宮崎八郎ら40余名が集まり,愛国社と名づけ本部を東京におくことを決議。〈各其自主の権利を伸張し,人間本分の義務を尽し,小にしては一身一家を保全し,大にしては天下国家を維持するの道より,終に以て天皇陛下の尊栄福祉を増し,我帝国をして欧米諸国と対峙屹立せしめんと欲す〉という合議書を発表したが,愛国社としての活動はほとんど行われず,各地方の政社の独自活動にゆだねられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あいこくしゃ【愛国社】

1875年(明治8)立志社が中心となり、全国の政社を糾合した全国的民権組織。80年国会期成同盟と改称、国会開設運動を展開した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛国社
あいこくしゃ

日本最初の全国的政治結社。1875年(明治8)2月22日、土佐立志社が中心となって各地方の自由民権結社を結集して結成された。創立大会には数十名の士族が集まったにすぎなかったが、東京に本社を置き、毎年2月と8月に大会を開くことを決め、民権運動の発展に努めようとしたが、すぐに解体した。その後1878年に植木枝盛(えもり)らの主唱によって再興され、1879年には18県21社が参集する全国的結社となった。これを契機として自由民権運動は急速に発展し、1880年3月の第4回大会には2府27県の国会開設請願署名者10万1161名の代表97名が大阪に結集し、名を国会期成同盟と改め、土佐立志社の片岡健吉、福島石陽(せきよう)社の河野広中(こうのひろなか)を代表に選んで政府に「国会を開設するの允可(いんか)を上願する書」を提出した。[後藤 靖]
『板垣退助編『自由党史』(岩波文庫) ▽内藤正中著『自由民権運動の研究』(1965・青木書店) ▽後藤靖著『自由民権』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の愛国社の言及

【愛国志林】より

愛国社(自由民権運動の全国的指導組織)の機関誌。1880年3月創刊,同年8月《愛国新誌》と改題。…

【国会開設請願運動】より

…この間に提出された建白書・請願書で現在知られているのは約120件,これに参加した者は26万6000人を超えているが,件数の60%以上が1880年に集中していて,請願運動の最盛期がここにあったことを示している。運動は初め板垣らの組織した立志社のような士族結社の運動としておこり,連合組織としての愛国社(1875年結成,まもなく解体して78年再興)を生んだが,やがて各地で豪農・豪商を中心とする勢力が地方民会を要求し,府県会議員として登場してこの運動をおしひろげ,これに教員・新聞記者・代言人などの知識人や青年たちが加わって,広範な国民的運動となった。80年3月の愛国社第4回大会には,従来加盟の各結社のほかに,多数の全国有志が参加して国会期成同盟を発足させ,国会開設の上願書を提出した。…

【浪花節】より

… 明治以前の浪花節は,主として神社仏閣の境内で小屋掛け興行をしていたが,1874年(明治7),春日井(かすがい)松之助や八木亭清歌などが,麻布福井亭の高座へ出演したのをはじめとして,諸方の寄席にも出演するようになり,落語や講談などの先行演芸に追随して,しだいに芸界における人気を集めていった。以後,春日井松之助を頭取(とうどり)とした〈東京浪花節組合〉,井上晴夢を取締役とする関西うかれ節組合〈愛国社〉とが設立され,浪花節は隆盛の一途をたどったが,とくに日露戦争後は,忠君愛国をテーマとすることで国粋主義の時流に乗って大発展をとげた。この近代浪曲確立期の推進力となったのは,桃中軒雲右衛門(とうちゆうけんくもえもん),吉田奈良丸京山小円(こえん)の三巨人だった。…

【立志社】より

…商社を経営し,官山の払下げを出願するなどした。75年2月,全国の同志の結集を計画して大阪で愛国社を結成したが,板垣の参議復帰などにより自然消滅のかたちとなった。構成員は旧土佐藩の士族で,初期にはとくに士族的な国権意識が強く,74年の台湾出兵に際しては,義勇兵を編成してこれに協力したいと志願した。…

※「愛国社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

愛国社の関連キーワード愛国公党立憲自由党立志社自由民権論民権党自由民権思想坂崎紫瀾坂崎斌水野寅次郎愛国志林

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛国社の関連情報