コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節堂祖忠 せつどう そちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

節堂祖忠 せつどう-そちゅう

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。大隅(おおすみ)(鹿児島県)園林(おんりん)寺の了巌(りょうがん)元明に師事し,その跡をつぎ同寺の住持となる。さらに能登(のと)(石川県)総持寺をへて,文安3年(1446)丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)の住持となる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

節堂祖忠の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android