節莢果(読み)ふしざやか(英語表記)loment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

節莢果
ふしざやか
loment

1心皮子房から生じてきた乾果の一種。いわゆる (さや) に入った豆果と同じ仕方でできてくるが,成熟とともに果実種子と種子との間がじゅず状にくびれ,各室は種子を保有したままくびれの部分でちぎれ,ばらばらになって落ちる。マメ科ヌスビトハギクサネムイワオウギなどの果実はそれで,ダイズやインゲンのように成熟すると莢が裂開して種子を散らす普通の豆果と区別される。ハマダイコンの果実もじゅず状にくびれ,熟しても開裂せず,くびれの部分で切れて散らばるが,この場合は2心皮から成るため節裂果または節長果 bilomentという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android