コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆果 トウカ

3件 の用語解説(豆果の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐か〔‐クワ〕【豆果】

心皮からなる子房でできている果実。成熟後、乾燥すると果皮が裂けて二片に分かれ、種子を落とす。マメ科植物にみられる。莢果(きょうか)。→裂開果

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうか【豆果】

乾果の一。心皮子房が成熟した果実で、乾燥すると二列に開裂するもの。マメ科植物にみられる。莢果きようか

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の豆果の言及

【実】より

…このように自動的に種子を飛ばすものもあるが,裂果の多くは風などでゆれることにより小さい種子を飛ばす受動型である。裂果はさらに袋果follicle(離生めしべで,1ヵ所で縦に裂ける),豆果legume(マメ科のように1心皮性だが,心皮の腹側と背側で裂開する),蒴果(さくか)capsule(合生めしべ)などに分けられる。 閉果は一つの子房室にふつう一つの種子がある実にみられる。…

※「豆果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豆果の関連情報