コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆果 トウカ

デジタル大辞泉の解説

とう‐か〔‐クワ〕【豆果】

心皮からなる子房でできている果実。成熟後、乾燥すると果皮が裂けて二片に分かれ、種子を落とす。マメ科植物にみられる。莢果(きょうか)。→裂開果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

豆果(まめか)

株式会社中島大祥堂(大阪府八尾市)が製造・販売する菓子。国産の黒豆丹波黒の炒り豆とキャラメルをサブレ生地で挟んだ和洋折衷菓子。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

とうか【豆果】

乾果の一。心皮子房が成熟した果実で、乾燥すると二列に開裂するもの。マメ科植物にみられる。莢果きようか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の豆果の言及

【実】より

…このように自動的に種子を飛ばすものもあるが,裂果の多くは風などでゆれることにより小さい種子を飛ばす受動型である。裂果はさらに袋果follicle(離生めしべで,1ヵ所で縦に裂ける),豆果legume(マメ科のように1心皮性だが,心皮の腹側と背側で裂開する),蒴果(さくか)capsule(合生めしべ)などに分けられる。 閉果は一つの子房室にふつう一つの種子がある実にみられる。…

※「豆果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豆果の関連キーワード金雀児・金雀枝唐小豆・相思子カワラケツメイタマリンドの木ヤブツルアズキウマゴヤシ藪豆・薮豆藪萩・薮萩エビスグサ空豆・蚕豆鉈豆・刀豆ハブソウサイカチ烏野豌豆ヤブマメ紅花隠元雀野豌豆フジマメ河原決明草合歓

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android