コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾果 かんかdry fruit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾果
かんか
dry fruit

果実の一種で,果皮の乾燥したもの。果実は,果皮が乾燥したとき開裂するかどうかによって裂開果閉果に分類できるが,裂開果はいずれも乾果である。一方,閉果で乾果であるもののうちにも,果皮が堅くて種子から離れやすい堅果 (カシなど) ,子房の数だけに分裂する分離果 (アオイなど) ,果皮が翼状に伸び出る翼果 (カエデなど) , (えい) が果実を包む穀果または穎果 (イネなど) のように,諸種の型がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐か〔‐クワ〕【乾果】

成熟すると果皮が木質や革質になって硬くなる果実。のちに果皮が裂開する裂開果と、裂開しない閉果とに分けられる。乾燥果。→液果

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんか【乾果】

熟すと果皮が乾燥する果実。果皮が裂けて割れるかどうかによって裂果と閉果とに分ける。乾燥果。 ↔ 液果裂開果閉果果実
果実を日光や火力によって乾燥させたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の乾果の言及

【実】より

…果皮の形態に基づいて実を分類すると次のようになる。まず果皮が乾いている乾果dry fruitと多汁質の液果fleshy fruitに二大別され,乾果はさらに果皮が裂開して種子が外へ出る裂果dehiscent fruitと裂開しない閉果indehiscent fruitに分けられる。裂果はふつう多数の種子をもつ実にみられ,裂開は離生めしべでは,心皮の辺縁の合着部(シャクヤク),心皮の背側(モクレン),合着部と背側の両方(マメ類)にそって起こる(図4)。…

※「乾果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾果の関連キーワードナツメヤシ(棗椰子)スジコナマダラメイガハマナツメ(浜棗)ノシメマダラメイガリュウガン(竜眼)クロウメモドキ科タマリンドノキコクガ(穀蛾)ペシャーワルマダラメイガオミナエシ科ノシメコクガイナモリソウシュトーレンマクラーンニシキギ科穎果・頴果タブリーズアワブキ科イソマツ科

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android