コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篩状組織 ふるいじょうそしきdiablastic texture

岩石学辞典の解説

篩状組織

変成岩の組織で,大きなスポンジ状の結晶の中に多量の包有物を含むもの.この組織は篩状組織(sieve texture)として記載されている[Becke : 1913].ポイキロブラスティック(poikiloblastic)組織が特別に表現されたもので,内部に成長し突き刺さった鉱物による組織で,大きな結晶に多数の棒状結晶粒が規則正しく包有されて,断面が篩の目のように見える.火成岩の同様の組織には篩状組織(sieve texture)が使用されるが,この語は変成岩のポイキロブラスティック組織の場合にも用いられる[Salomon : 1891].

篩状組織

多数の鉱物粒を包有して篩(ふるい)のようになったもの.篩状組織はポイキロブラスティック(poikilo-blastic)と同じとして,変成岩で大きな結晶の中に多数の細粒包有結晶が取り込まれた変成岩の組織とする場合がある[Salomon : 1891].火成岩の結晶作用の場合でも篩状組織の語を用いる.火成岩では多量の小さな連結した箱形のガラス質包有物を含み,結晶が多孔質のように見える場合がある[MacKenzie, et al : 1982].変成岩では篩状(diablastic)組織と同じに用いられる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

篩状組織の関連キーワードダイアブラスティック組織接触組織

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android