コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易申告制度 かんいしんこくせいど

1件 の用語解説(簡易申告制度の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

簡易申告制度

輸入貨物の輸入通関を簡略化する制度。2001年から導入された。この制度を用いると、税関の承認を受けた輸入業者は継続的に輸入しているものとして指定を受けた貨物については、月に1度にまとめて納税申告できる。さらに、輸入申告時の申告項目が削減される、納税申告が基本的にペーパーレス化されるなどのメリットがある。ただし、同制度には、過去3年間、関税法違反があってはならない、適用対象貨物が過去1年に6回以上輸入されていなければならない、特例輸入者が利用する場合は担保がなければならない、などの制約も存在する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簡易申告制度の関連キーワードOGL再輸出輸入ユーザンス輸入組合直輸入通関輸入商輸入割当制度輸入税保険並行輸入車

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone