コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米倉里矩 よねくら さとのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米倉里矩 よねくら-さとのり

1733-1749 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)18年8月6日生まれ。米倉忠仰(ただすけ)の子。享保20年3歳で武蔵(むさし)金沢藩(神奈川県)藩主米倉家2代となる。忠仰が危篤のとき,里矩の年齢を9歳といつわったとして家臣らが幕府によって処分された。寛延2年3月6日死去。17歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米倉里矩の関連キーワードアウグスト(2世)ポーランド史スタニスワフ1世レシチンスキサッケーリ天野信景フリードリヒ・アウグスト1世フリードリヒ・アウグスト2世賀茂真淵(かもまぶち)アウグスト[2世]クラシェニンニコフ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone