金沢藩(読み)かなざわはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金沢藩
かなざわはん

加賀藩ともいう。江戸時代加賀国 (石川県) ,能登国 (石川県) ,越中国 (富山県) 地方を領有した藩。藩主は外様大名前田氏。江戸時代を通じて 102万石余,俗に加賀前田百万石といい,最大規模を誇った。江戸城大広間詰。前田利家は織田信長から能登1国を,次いで豊臣秀吉から越中国と加賀国2郡を与えられ,2代利長は慶長5 (1600) 年関ヶ原の戦い後徳川家康から加賀2郡を与えられ,領地は 120万石に達した。3代利常が寛永 16 (39) 年に前田利次に越中富山藩 10万石,前田利治に加賀大聖寺藩7万石を分知してのち 102万石余となる。3代利常,4代光高,5代綱紀 (つなのり) の治世約 110年間は藩政の基礎を確立した時期で,とりわけ,利常が慶安4 (51) 年から明暦2 (56) 年にかけて行なった改作法とよぶ農政刷新事業は有名である。その成果を継承した綱紀は,藩の諸制度を完備させ,学者,文人を招いて美術工芸の奨励など,文治政策を推進した。そののち藩財政が行きづまり,6代吉徳 (よしのり) のとき,大槻伝蔵が取立てられて商業資本と結び財政補強が行われたが,加賀騒動により失脚した。 13代斉泰 (なりやす) のとき,寺島蔵人らの改革派が財政整理,産物方設置に着手したが不徹底に終った。明治維新まで 14代続き,廃藩置県にいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

金沢藩【かなざわはん】

加賀国金沢に藩庁を置いた外様藩。加賀・能登(のと)・越中3国の大部分と近江(おうみ)国102万余石を領知した大藩。藩祖前田利家はもと能登を領していたが,その後関ヶ原の戦までに120万石まで領地を拡大。のち富山藩10万石,大聖寺(だいしょうじ)藩7万石を分出した。分散相給の地方知行制をとったが,改作仕法で事実上の俸禄制となった。城下金沢は江戸時代第4の都市として栄えた。金沢城の石川門,三十間長屋は重要文化財。
→関連項目頭振板橋宿加賀騒動加賀国勝興寺尊経閣文庫大聖寺富山藩放生津前田綱紀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の金沢藩の言及

【加賀藩】より

…藩論は圧倒的に佐幕で,14代慶寧(よしやす)は領内自立策をとり,西洋式軍制採用,福祉事業などを行うが,中央情勢に立ちおくれて戊辰の役でかろうじて賊軍の名を逃れた。69年(明治2)金沢藩,71年金沢県となった。【高沢 裕一】。…

【能登国】より

…93年(文禄2)利家は次男利政に能登国を分与したが,98年(慶長3)隠居したとき,養老領の内に口郡の1万5000石を含めた。翌年利家が死去して再び利政に戻ったが,利政は1600年関ヶ原の戦で東軍に加わらなかったため封を奪われ,能登一国は兄の加賀藩(金沢藩)2代前田利長に加増された。06年,替地によって土方雄久(ひじかたかつひさ)領1万石が能登に散在して置かれた。…

※「金沢藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android