コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米倉忠仰 よねくら ただすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米倉忠仰 よねくら-ただすけ

1706-1735 江戸時代中期の大名。
宝永3年生まれ。父は甲斐(かい)(山梨県)府中藩主柳沢吉保(よしやす)。米倉昌照(まさてる)の養子となり,正徳(しょうとく)2年下野(しもつけ)(栃木県)皆川藩主米倉家4代。享保(きょうほう)7年米倉家ゆかりの武蔵(むさし)金沢(神奈川県)にうつり,金沢藩主米倉家初代。1万2000石。日光祭礼奉行,大坂加番をつとめた。享保20年4月8日死去。30歳。初名は保教(やすのり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米倉忠仰の関連キーワード米倉里矩六浦藩

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android