コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国会計基準 ベイコクカイケイキジュン

1件 の用語解説(米国会計基準の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べいこく‐かいけいきじゅん〔‐クワイケイキジユン〕【米国会計基準】

米国における会計処理および報告に関する規則・基準。米国の上場企業はこれに準拠して財務諸表を作成・開示することが義務づけられている。主に財務会計基準審議会FASB)が取りまとめを行う。世界の多くの国々で国際財務報告基準IFRS)が採用されていることから、米国も2016年までに段階的にIFRSに移行する予定。GAAP(ギャープ・ギャップ)(Generally Accepted Accounting Principles)。US-GAAP。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国会計基準の関連キーワード会計法営業報告書企業会計基準JARTS金融商品会計企業結合会計売買処理法月その他の天体を含む宇宙空間の探査および利用における国家活動を律する原則に関する条約民事又は商事に関する裁判上及び裁判外の文書の外国における送達及び告知に関する条約簿価引継法

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国会計基準の関連情報