コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国債入札 べいこくさいにゅうさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米国債入札
べいこくさいにゅうさつ

慢性化した財政赤字経常収支赤字を埋めるため,米財務省が年4回 (2,5,8,11月) 実施する3,10,30年国債の定期入札。入札結果はドルに対する信頼度を表し,為替相場にも影響を与えるため注目される。 1980年代後半,生命保険会社を始めとする日本の機関投資家の膨大なジャパン・マネーが 30~40%を落札し,入札の成否は日本が握っているといわれた。しかし 90年8月の入札から減少し始め,11月にはついに 20%を切って日本の影響力は低下傾向にある。半面,アメリカ国内の投資家の買い意欲が高まっており,この傾向が短期的なものか長期に及ぶものか,関心を持たれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

米国債入札の関連情報