財政赤字(読み)ざいせいあかじ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

財政赤字

税収以上に政府支出が多くなった状態。それを補うため、国債などが発行される。一般に財政赤字が拡大すれば、国債依存度も高くなる。経済が持続的な成長段階にあれば、財政赤字そのものは大きな問題ではない。しかし、大きな成長が見込めない状態で財政赤字を放置しておくと、将来への負担が増し、財政がひっ迫するおそれがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざいせい‐あかじ【財政赤字】

国や地方自治体歳出歳入を上回っていること。また、その赤字の累積額。不足分は公債国債地方債)を発行して補う。財政赤字の状態が長く続き、債務が累積すると財政が逼迫し破綻するおそれがある。深刻度の目安として、財政赤字の対GDP比などの指標が用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

財政赤字の関連情報