米国型経営(読み)べいこくがたけいえい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

米国型経営

株主価値を最重視する経営手法。出資者である株主から調達した資金で、どれだけ収益を上げ、株主に還元できるかを重視して経営を行なう。端的に言えば、企業は株主のために利益を追求する組織体であるという考え。そのため、収益力を高めるように経営効率の追求が重視され、不採算部門の縮小・撤退など、事業の“選択と集中”が積極的に行なわれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android