コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国預託証書 べいこくよたくしょうしょAmerican Depositary Receipts; ADR

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米国預託証書
べいこくよたくしょうしょ
American Depositary Receipts; ADR

アメリカの証券市場で,アメリカ国外の株式の流通を容易にするため株式原株の代わりに売買される代替証券。海外の原株をそのままアメリカで流通させるのは,取引制度の違いなどさまざまな弊害がある。そこで,原株はその流通する国の銀行 (副預託機関) に預けられ,その見返りとしてアメリカの銀行 (受託機関) が預託証書発行,アメリカの証券市場で株券と同様に流通する。日本企業では 1961年にソニーが 200万株の ADRを発行。 63年の利子平衡税により一時途絶えたが,74年,同法が廃止されたことにより,76年京都セラミックス (当時) が ADRの発行を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android