コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米穀供出制度 べいこくきょうしゅつせいど

大辞林 第三版の解説

べいこくきょうしゅつせいど【米穀供出制度】

農家が保有する米を、自家保有米を除き全量を政府に一定の価格で売り渡す制度。第二次大戦中および敗戦直後に実施された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

米穀供出制度の関連キーワード米穀統制全量

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android