米穀供出制度(読み)べいこくきょうしゅつせいど

大辞林 第三版の解説

べいこくきょうしゅつせいど【米穀供出制度】

農家が保有する米を、自家保有米を除き全量を政府に一定の価格で売り渡す制度。第二次大戦中および敗戦直後に実施された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べいこく‐きょうしゅつせいど【米穀供出制度】

〘名〙 戦時下の食糧確保の目的から、農家、地主の所有する米を一定の条件の下に政府が徴集する制度。昭和一四年(一九三九)の農林省令により米穀強制買い入れの形で始められ、第二次大戦後も二一年の食糧緊急措置令によって二九年まで行なわれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android