コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米蝶 よねちょう

1件 の用語解説(米蝶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米蝶 よねちょう

?-? 江戸時代中期の芸者。
江戸深川の人。美人で客あしらいがうまく深川高尾とよばれた。宝暦(1751-64)のころ,小鳥屋の主人が得意げにもちあるく純銀の鳥籠から1羽30両はする南蛮渡来の雌雄の島ヒヨドリをにがし,「2羽で60両,あとでおとどけします」と辰巳(たつみ)芸者の意気と張りをみせたという。もっとも芸者や花魁(おいらん)が高価な鳥をはなつ話はほかにもおおい。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

米蝶の関連キーワード松之門三艸子仲町ゆうでく辰巳芸者羽織芸者逸山出三白山新三郎冬木小平次都一静

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone