コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米蝶 よねちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米蝶 よねちょう

?-? 江戸時代中期の芸者。
江戸深川の人。美人で客あしらいがうまく深川高尾とよばれた。宝暦(1751-64)のころ,小鳥屋の主人が得意げにもちあるく純銀鳥籠から1羽30両はする南蛮渡来の雌雄の島ヒヨドリをにがし,「2羽で60両,あとでおとどけします」と辰巳(たつみ)芸者の意気と張りをみせたという。もっとも芸者や花魁(おいらん)が高価な鳥をはなつ話はほかにもおおい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android