粉砕法則(英語表記)law of grinding

法則の辞典の解説

粉砕法則【law of grinding】

粉砕に投入したエネルギーと粒子径との関係を表す法則.粉砕現象はきわめて複雑なので,最も簡単な過程として,ルイスの一般式なるものがある.すなわち

ここで E は投入エネルギー,x が粒子径である.これはルイスの一般式と呼ばれているが,n に1,3/2,2を入れて積分したものがそれぞれキックの法則*ボンドの法則*リッティンガーの法則*と呼ばれる式である.リッティンガーの法則は粒径よりも比表面積で表されることが多い.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android