コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

粗タンパク質

 食品,飼料の成分で,試料を熱濃硫酸で酸化分解し,アンモニア,アミノ基をすべてアンモニウムイオンに変換し,その量を定量して求めた窒素量に,窒素換算係数とよばれるタンパク質の窒素含量の逆数をかけて求める.タンパク質のほか,アミノ酸,アミン,アンモニアなどの窒素が定量されることから,粗タンパク質とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

粗タンパク質の関連キーワード窒素ハム(豚肉の加工品)可消化粗タンパク質ふすま(麩∥麬)可消化養分総量純タンパク質可溶無窒素物スピルリナ一般成分ふすま

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android