粗タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

 食品,飼料の成分で,試料を熱濃硫酸で酸化分解し,アンモニアアミノ基をすべてアンモニウムイオンに変換し,その量を定量して求めた窒素量に,窒素換算係数とよばれるタンパク質の窒素含量の逆数をかけて求める.タンパク質のほか,アミノ酸アミン,アンモニアなどの窒素が定量されることから,粗タンパク質とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android