粗タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

粗タンパク質

 食品,飼料の成分で,試料を熱濃硫酸で酸化分解し,アンモニア,アミノ基をすべてアンモニウムイオンに変換し,その量を定量して求めた窒素量に,窒素換算係数とよばれるタンパク質の窒素含量の逆数をかけて求める.タンパク質のほか,アミノ酸,アミン,アンモニアなどの窒素が定量されることから,粗タンパク質とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android