粗垣・荒籬(読み)あらがき

精選版 日本国語大辞典「粗垣・荒籬」の解説

あら‐がき【粗垣・荒籬】

〘名〙 (「あらかき」とも)
(ぬき)の間隔をあらくまばらに作った垣根。
※催馬楽(7C後‐8C)河口「守れども はれ 守れども 出でて我寝ぬや 出でて我寝ぬや 関の安良可支(アラカキ)
② 特に、清浄なものとして神社などの外側に設けられた目のあらい垣根。
※九暦‐逸文・天慶九年(946)一〇月二八日「未給荒垣之間、神祇権少副大中臣頼行奏御麻之由
③ (荒籬) 朝鮮茶碗の銘。彫三島(ほりみしま)の類。檜垣の模様を刻してある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android