コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘度降下剤 ねんどこうかざい

1件 の用語解説(粘度降下剤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ねんどこうかざい【粘度降下剤】

液体の流動性を改善し,また塗布等の適性を得るために,液体,溶液の粘度を降下させる目的で加える工業用助剤。インキ,塗料,接着剤などの高分子溶質を含む溶液の場合は,一般には溶質に対して,やや溶媒を加えることにより,溶質の溶液中での分子の広がりを調節したり,溶媒との親和性を減じることにより,混合溶媒系として粘度調節を行う。一方,塗工性など流動特性の改善を伴う場合には,非イオン界面活性剤などの界面活性剤シリコーン表面処理剤を用いて,界面張力を調節して目的を達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粘度降下剤の関連キーワード過剰流動性スポーツ適性職業適性検査バッター流動物脱蝋親水性ゾル半流動寒天流動化作用熔岩溝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone