コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶質 ようしつsolute

翻訳|solute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶質
ようしつ
solute

1つの溶液において,溶かされた成分を溶質といい,溶質を溶かすのに用いた成分を溶媒という。溶質は気体,液体固体いずれでもよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐しつ【溶質】

溶液で、溶媒に溶けている物質

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

溶質【ようしつ】

溶液の一成分で,他の成分(溶媒)に溶けている物質。たとえば,砂糖水のうちの砂糖(ショ糖),食塩水中の食塩。
→関連項目過飽和溶解

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

溶質

 溶液の成分で,溶けている物質の方.固体,液体,気体いずれの場合もある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようしつ【溶質 solute】

溶液をつくるさいに溶かすべき物質(気体,液体,固体)を溶質という。たとえば食塩の水溶液についていえば,溶質は食塩であり,溶質に対して溶かす成分である溶媒は水である。溶質が液体(たとえばエチルアルコール)の場合に溶質が溶媒(たとえば水)に無制限に溶けることがある。このような場合は溶質と溶媒の区別はしにくいが,存在している量または割合の小さいほう(50%以下)を溶質ということが多い。【橋谷 卓成】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようしつ【溶質】

溶液の成分のうち、溶媒に溶けている物質。 ↔ 溶媒

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶質
ようしつ
solute

溶体(溶液)のうちで、分量(分子数)の少ないほうを溶質、多いほうを溶媒という。気体、液体、固体のいずれでもかまわない。普通には、「溶けているもの」が溶質、「溶かしているもの」が溶媒である。砂糖水なら、砂糖が溶質、水が溶媒ということになる。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

溶質の関連キーワードバボの法則(蒸気圧降下)沸点上昇則(バボの法則)コアセルベーションギブスの吸着等温式モル凝固点降下ラウールの法則体積パーセントギブスの吸着式コットレル効果モル沸点上昇重量モル濃度凝固点降下飽和溶液希薄溶液理想溶液モル濃度沸点上昇沈降平衡希釈熱分配律

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶質の関連情報