コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘液嚢胞 ねんえきのうほうMucous Cyst

家庭医学館の解説

ねんえきのうほう【粘液嚢胞 Mucous Cyst】

[どんな病気か]
 小豆(あずき)大から大豆(だいず)大の半球形をしたやわらかい、やや暗赤色腫瘤(しゅりゅう)(こぶ状の腫(は)れ)で、下くちびる、頬(ほお)の内側の粘膜(ねんまく)、舌の先にできる良性の腫瘍(しゅよう)です。ほとんど痛みをともないません。
 歯の先が粘膜にあたる、あるいは粘膜をかむくせがあるなどの慢性的な刺激が加わるために、粘液腺(ねんえきせん)の排泄管(はいせつかん)の狭窄(きょうさく)がおこり、粘液がたまって嚢胞(袋のような腫瘤)をつくります。
 手術によって腫瘤を摘出することで完治します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

粘液嚢胞の関連キーワード口腔(こうこう)ガマ腫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android