コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘着榴弾 ねんちゃくりゅうだん

百科事典マイペディアの解説

粘着榴弾【ねんちゃくりゅうだん】

弾体内に可塑(かそ)性の高性能爆薬を充填(じゅうてん)した薄肉中空弾で,対戦車攻撃用。この弾丸が戦車の厚い装甲板に当たると,弾体がつぶれてねばりついたようになるが,このとき弾底の信管で爆発させると,装甲板の裏面が剥離(はくり)し破片になって飛散,内部の人員を殺傷,器材を破壊する。
→関連項目徹甲弾無反動砲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の粘着榴弾の言及

【弾薬】より

…これら構成部品の組みつけ,発射薬量の加減,装塡要領などによって,固定弾,半固定弾,分離装塡弾などに分けられる。実戦用には,榴弾,対戦車榴弾,粘着榴弾,徹甲弾,発煙弾,照明弾などがあり,訓練用には,空包,演習弾,擬製弾などがある。
[爆薬の発展]
 ヨーロッパでは14世紀前半ころには黒色火薬が製造されるようになり,15世紀に入ってから,金属溶解法などの進歩に伴って青銅製の一体砲身が生まれ,錬鉄を鍛造した弾丸,次いで鋳鉄製の弾丸が生まれて石の弾丸にとってかわった。…

※「粘着榴弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粘着榴弾の関連キーワードHESH

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粘着榴弾の関連情報