コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田口国綱(読み)アワタグチクニツナ

朝日日本歴史人物事典の解説

粟田口国綱

生年:生没年不詳
鎌倉前期の刀工。京都粟田口に住した。名は藤六左近。国友を長兄とする6人兄弟の末弟で,北条時頼に招かれ鎌倉で作刀したと伝える。時頼の佩刀であった鬼丸と号のある太刀(御物)が著名である。作風は,普通粟田口派が小板目のつんだ精美な鍛えと,直刃を主体としたおだやかな刃文を特徴とするのに対し,国綱は鍛えが板目で強く,刃文も直刃ではあるが焼幅が広く小乱れを交えた沸の強いものとなる。『能阿弥本銘尽』には「四十二歳より鎌倉に住し新藤五国光をもうける」としているが,今なお研究の余地を残す。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android