コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田口国綱 アワタグチクニツナ

4件 の用語解説(粟田口国綱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あわたぐち‐くにつな〔あはたぐち‐〕【粟田口国綱】

[?~1255ころ]鎌倉初期の粟田口派の代表的刀工。後鳥羽院御番鍛冶を務め、左近将監(しょうげん)と称したという。北条時頼のために名刀鬼丸を作った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

粟田口国綱

生年:生没年不詳
鎌倉前期の刀工。京都粟田口に住した。名は藤六左近。国友を長兄とする6人兄弟の末弟で,北条時頼に招かれ鎌倉で作刀したと伝える。時頼の佩刀であった鬼丸と号のある太刀(御物)が著名である。作風は,普通粟田口派が小板目のつんだ精美な鍛えと,直刃を主体としたおだやかな刃文を特徴とするのに対し,国綱は鍛えが板目で強く,刃文も直刃ではあるが焼幅が広く小乱れを交えた沸の強いものとなる。『能阿弥本銘尽』には「四十二歳より鎌倉に住し新藤五国光をもうける」としているが,今なお研究の余地を残す。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

粟田口国綱の関連キーワード抜都マレーシアと日本那岐山抜都ポロンナルワ足利義氏四条隆衡平経高平時継葉室資頼

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone