コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田口派 あわたぐちは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟田口派
あわたぐちは

鎌倉時代初期から中期にかけて,京都粟田口付近で作刀した刀工の流派。系図では国頼,国家を初代,2代とするが,在銘で現存するのは国友,久国,国綱らの作品からである。このほか4代則国,5代国光,6代吉光 (→粟田口吉光 ) らも名工。細かい地沸 (じにえ) のよくついたきれいな地鉄 (じがね) がこの派の特色とされる。 (→山城物 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の粟田口派の言及

【山城物】より

…山城鍛冶の繁栄は平安中期から江戸初期までの長期にわたるが,永延(987‐989)のころ三条に住した三条宗近が最も古く,ついで一門の三条吉家,五条兼永,五条国永ら古京物と称される一派がおこった。鎌倉初期には《宇治拾遺物語》にも〈粟田口の鍛冶〉とあるように,粟田口派があらわれて名工が輩出し,とくに国友,久国,国安の兄弟は後鳥羽上皇の番鍛冶に選ばれている。さらに建長(1249‐56)ころの国綱は北条時頼の招きにより鎌倉で作刀し,相州鍛冶(相州物)の基を築いたと伝え,末期の吉光は短刀の名手として名高い。…

※「粟田口派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粟田口派の関連キーワード月山 貞一(2代目)粟田口有国粟田口隆光粟田口慶羽粟田口国頼粟田口国綱相州物日本刀

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android