精一(読み)せいいつ

精選版 日本国語大辞典「精一」の解説

せい‐いつ【精一】

〘名〙 (形動) 純粋で専一なこと。こまやかでまじりけのないこと。また、そのさま。
※集義和書(1676頃)一四「此生欲の、節に中るべき霊の照しは、微妙にして声色なし。精一の工夫をろそかなれば存しがたし」 〔杜甫‐朝享太廟賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「精一」の解説

せい‐いつ【精一】

[名・形動]純粋で専一なこと。ひたすら打ち込んでいること。また、そのさま。「精一に勉学に励む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「精一」の解説

【精一】せいいつ

専一にする。〔書、大禹〕人心惟(こ)れく、心惟れなり。惟れ惟れ一、(まこと)に厥(そ)の中を執れ。

字通「精」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android