コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専一 センイチ

デジタル大辞泉の解説

せん‐いち【専一】

せんいつ(専一)

せん‐いつ【専一】

他を顧みないで、ある物事だけに力を注ぐこと。せんいち。「専一に学問に励む」「御自愛専一に」
第一。また、随一。
「個人の義務は相手に愉快を与えるが―と思う」〈漱石虞美人草

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんいち【専一】

せんいつ(専一) 」に同じ。 「唯もう勉強-で有る/魔風恋風 天外

せんいつ【専一】

〔「せんいち」とも〕
他の事を考えずに、ただ一つの事柄に心を注ぐこと。 「学問を-にする」 「御自愛-に願い上げます」
第一であること。随一であること。 「相伝-のものなりけるが/平家 10

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

専一の関連キーワード仙・僭・先・剪・千・占・宣・専・專・尖・川・戦・戰・扇・撰・擅・旋・染・栓・殲・泉・洗・浅・淺・潛・潜・煎・煽・疝・癬・穿・箋・箭・籤・線・繊・纖・羨・腺・船・薦・詮・譫・賤・践・踐・遷・選・銑・銭・錢・閃・阡・餞・饌・鮮ロッキー(ほりかわひろき)12月22日建武式目条々寛政異学の禁つかこうへい高田屋嘉兵衛伊東甲子太郎ベルクソン田中 芳男冷水 茂太渡辺 暁雄渡辺千秋堀野正雄北垣国道三善長衡市来 勉義太夫節谷垣禎一秩父山地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

専一の関連情報