コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 セイ

3件 の用語解説(精の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せい【精】

[名・形動]
心身の力。元気。精力。「のつく食べ物」
「こう矢鱈に松ばかり並んで居ては歩く―がない」〈漱石・坑夫〉
人間以外のものに潜んでいるといわれる魂・霊魂。精霊。「森の
細かく詳しいこと。また、そのさま。「を尽くす」
「論文の―なるは智の洽(あまね)きにあり」〈田口日本開化小史
よりすぐってあること。まじりけがないこと。また、そのさまや、そのもの。
精液のこと。「を漏らす」

せい【精】[漢字項目]

[音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]しらげる くわしい
学習漢字]5年
〈セイ〉
玄米を白く清らかにする。しらげる。「精白精麦精米搗精(とうせい)
不純物を取り去り良質なものにする。よりすぐる。よりすぐったもの。「精鋭精華精粋精髄精製精選精肉精兵精油精練酒精
雑念がなくひたすらはげむ。「精勤精励丹精
念入りでこまかい。くわしい。「精巧精細精粗精緻(せいち)精通精読精密
人間の活動のもとをなすもの。「精気精神精力
自然物に潜むとされる霊。「精霊妖精(ようせい)
生殖のもとになるもの。「精液精子射精受精夢精
〈ショウ〉
ひたすらはげむ。「精舎(しょうじゃ)精進(しょうじん)
霊魂。「精霊(しょうりょう)
[名のり]あき・あきら・きよ・きよし・くわし・しげ・しら・すぐる・すみ・ただ・ただし・つとむ・ひとし・まこと・まさし・もり・よし

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せい【精】

( 名 )
生物の根元にあるもの。たましい。精霊。多く人間以外の霊魂についていう。スピリット。 「木の-」 「森の-」
生命の根本にある力。心や体に備わる力。精力。 「 -を入れる」 「 -がつく」 「 -も根もつき果てる」
まじりけのないもの。
精液。 〔日葡〕
( 形動 ) [文] ナリ 
細かくゆきわたっているさま。 「文章の愈々-なること/日本開化小史 卯吉
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精の関連キーワード漿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

精の関連情報