精熟(読み)セイジュク

デジタル大辞泉の解説

せい‐じゅく【精熟】

[名](スル)物事に詳しく、熟練していること。
「これをして皆―せしむること二年なり」〈大槻修二・日本教育史略〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじゅく【精熟】

( 名 ・形動ナリ ) スル
物事に精通し、熟練している・こと(さま)。 「操練の-なる、戎器の鋭利なる/真善美日本人 雪嶺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐じゅく【精熟】

〘名〙 物事に詳しくて熟練していること。〔文明本節用集(室町中)〕
蘭学階梯(1783)下「学んで精熟にいたるときは、当に自得するものあるべし」 〔東京夢華録‐巻七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android