コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神病理学総論 せいしんびょうりがくそうろんAllgemeine Psychopathologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

精神病理学総論
せいしんびょうりがくそうろん
Allgemeine Psychopathologie

K.ヤスパースの最初の主著。第1次世界大戦前の幾年かをハイデルベルク精神病理学研究所の助手として過した際に書かれた。6年後の 1919年刊行の『世界観の心理学』とともに,初期ヤスパースの精神病理学・心理学的傾向を決定づけている。この書は,その分野における開拓的意義をになう文献である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精神病理学総論の関連キーワードハイデルベルク学派カール ヤスパースヤスパース(年譜)

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android