コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精細胞 セイサイボウ

栄養・生化学辞典の解説

精細胞

 精子細胞ともいう.精子の形成過程で成熟分裂をし,形を変えることによって精子となる段階に達した細胞.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいさいぼう【精細胞】

動物の精巣にある生殖細胞の一。精子形成で、一個の精母細胞から減数分裂によって四個が生じそれぞれが構造変化をして精子となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の精細胞の言及

【睾丸】より

…間細胞は,男性ホルモンであるテストステロンtestosteronを分泌する。曲精細管の断面を見ると,精細胞と呼ばれる丸い形の細胞が幾重にも重なっている。これは精子形成に至る諸段階の細胞で,外から内に向かって進む。…

※「精細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

精細胞の関連キーワード重複受精(ちょうふくじゅせい)卵胞刺激ホルモンシュタイナハ始原生殖細胞子嚢・子囊生殖細胞裸子植物精子形成母性遺伝遺伝学配偶子貯精嚢トンボ性器花粉受精胚嚢

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android