糸巻鱝(読み)イトマキエイ

大辞林 第三版の解説

いとまきえい【糸巻鱝】

エイ目の海魚。全長2.5メートル、体重500キログラムにも達する。尾部はむち状で、体長より長く毒針をもつが性質はおとなしい。体の前方に耳のようにみえる鰭ひれが一対あり、これを動かして腹面にある口に餌えさを運ぶ。南日本以南から中国および熱帯海域にかけて広く分布。ギンメ。ヒラ。イソナデ。近縁種のオニイトマキエイ(マンタ)はエイ類の最大種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

糸巻鱝 (イトマキエイ)

学名:Mobula japonica
動物。イトマキエイ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android