コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀塩手 きの しおて

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀塩手 きの-しおて

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古(すいこ)天皇の没後,蘇我蝦夷(そがの-えみし)が群臣をあつめて皇位継承者について諮問したとき,許勢大麻呂(こせの-おおまろ),佐伯東人(さえきの-あずまひと)とともに,山背大兄(やましろのおおえの)王を推薦した。蝦夷と山背大兄王が対立すると,蝦夷の使者として両者の間を往来した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android