コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀本花 きもと はな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀本花 きもと-はな

有吉佐和子の小説「紀ノ川」の主人公。
紀州の名家に生まれ,有功(いさお)村の村長真谷(またに)敬策にとつぐ。夫をたすけ,娘の文緒や孫の華子をそだて,心労を重ねながらも力いっぱい,紀ノ川のように強靭に,明治・大正・昭和を生きぬく。昭和34年「婦人画報」連載。のち映画化された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀本花の関連キーワード有吉佐和子