コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅嫌い べにぎらい

百科事典マイペディアの解説

紅嫌い【べにぎらい】

浮世絵版画の一形式。寛政改革の一環として幕府から出された倹約令を背景に,紅系統のはでな色をさけて紫,緑,薄墨を主調としたもので,窪俊満の作品等錦絵と違った趣の深いものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

紅嫌いの関連キーワード藍摺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android