コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅嫌い べにぎらい

百科事典マイペディアの解説

紅嫌い【べにぎらい】

浮世絵版画の一形式。寛政改革の一環として幕府から出された倹約令を背景に,紅系統のはでな色をさけて紫,緑,薄墨を主調としたもので,窪俊満の作品等錦絵と違った趣の深いものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

紅嫌いの関連キーワード藍摺