コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅蘭 コウラン

世界大百科事典内の紅蘭の言及

【梁川星巌】より

…1817年(文化14)帰郷,作詩するとともに弟子をとった。20年(文政3)女流漢詩人紅蘭と結婚,四方を遊歴し,32年(天保3)江戸神田お玉ヶ池に玉池吟社(ぎよくちぎんしや)を開き,江戸詩壇に指導的地位を占め,藤田東湖,佐久間象山らと交わった。46年(弘化3)京都に移居し,悠々自適のかたわら梅田雲浜,頼三樹三郎らと時局を論じた。…

※「紅蘭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

紅蘭の関連キーワードサン・モール修道女会三輪田真佐子新妻 イト渕崎ゆり子3月15日新妻イト山田袖香江馬細香中里恒子梁川紅蘭梁川江蘭梁川星巌山田淳子蒔田翠錦稲津永豊張景婉鱸采蘭張紅蘭伊藤信ラクロ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅蘭の関連情報