コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋/文 モン

デジタル大辞泉の解説

もん【紋/文】

物の表面に表された図形。あや。紋様。「波形の―を描く」
代々その家で定め伝えられる家のしるし。紋所。定紋(じょうもん)。「―のついた羽織

もん【紋】[漢字項目]

常用漢字] [音]モン(呉) [訓]あや
模様。あや。「紋様衣紋(えもん)小紋(こもん)指紋地紋蛇紋掌紋声紋波紋斑紋(はんもん)風紋無紋
家のしるし。「紋章紋所(もんどころ)紋服家紋金紋定紋(じょうもん)
[名のり]あき

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紋【もん】

紋章

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


もん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紋/文の言及

【歌舞伎】より

…彼は上方から下った世話物の名優4世市川小団次と提携し,音楽劇的に情緒豊かな,その一面に写実を徹底的に推し進めた多くの作品を作った。《蔦紅葉宇都谷峠(つたもみじうつのやとうげ)》《鼠小紋東君新形(ねずみこもんはるのしんがた)》《三人吉三廓初買》《勧善懲悪覗機関(かんぜんちようあくのぞきがらくり)》など,現代にも〈黙阿弥物〉の名で名作として伝わる数多くの世話物を精力的に書きつづけた。黙阿弥の作品は,先輩の鶴屋南北の作風を受けながら,それとは質を異にする。…

※「紋/文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紋/文の関連キーワード染め抜き紋・染抜き紋サーキュラー炭流紋デーサイト染め紋・染紋抜き紋・抜紋縫い紋・縫紋マキュローズ書き紋・書紋貼り紋・貼紋箱紋・筥紋石英粗面岩紋羽二重御紋拝領染抜き紋染上げ紋点紋片岩正平紋隠し紋紋御召比翼紋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android