定紋(読み)ジョウモン

  • じょうもん ヂャウ‥
  • じょうもん〔ヂヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 家々できまっている紋。それぞれの家で用いる紋。また、その人がきまって用いる紋。家紋。⇔替紋(かえもん)
※朝倉孝景条々(1471‐81)英林壁書七条「朝倉名字中を始、年始之出仕之上着、可布子、并各同名定紋を可付」
※浮世草子・好色一代男(1682)五「梨子地の塗長持に定紋(デウモン)を付て、四季の寝道具ととのえて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の定紋の言及

【紋章】より

…ある特定の図案を用いて,個人,一家,一族,団体,結社などを表徴する標識。紋章という呼称は近代になってからのもので,古くは〈家紋〉〈家の紋〉〈定紋(じようもん)〉〈紋じるし〉〈紋所〉などと称していたが,このうち〈家紋〉は厳密にいえば武家の紋のみに用いられた呼称である。団体や結社に用いられるものは記章,バッジと呼ばれることも多く,各種のシンボルマークもこれに近い。…

※「定紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android