紋黄揚羽蝶(読み)もんきあげは

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 アゲハチョウ科の大形のチョウ。はねの開張一一~一四センチメートル。はねの色は褐色を帯びた黒色で、後ろばねに大きな黄白色の紋がある。年二回、初夏と盛夏に出現する。低山地の常緑樹の多い森林にすみ、雄は蝶道をつくる。本州の暖地より南に分布する。国外では、東洋熱帯に広く分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android