コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紐鏡 ヒモカガミ

デジタル大辞泉の解説

ひも‐かがみ【×紐鏡】

[名]
裏に紐のついた鏡。
てにをは紐鏡」の略称。
[枕]鏡の裏の紐は解くなの意で、「な解き」の音に近い地名「能登香(のとか)」にかかる。
「―能登香の山の誰(た)が故か」〈・二四二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひもかがみ【紐鏡】

[3] ( 名 )
紐のついた、小さな鏡。
本居宣長の著書「てにをは紐鏡」の略称。
( 枕詞 )
鏡の紐をとくなの意の「紐鏡な解き」との音の類似から地名「能登香のとかの山」にかかる。 「 -能登香の山の誰がゆゑか君来ませるに紐解かず寝む/万葉集 2424

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紐鏡の関連キーワード助辞本義一覧市岡猛彦本居宣長詞の玉緒係り結び東条義門鈴木朖万葉集詞玉緒友鏡柄鏡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android