コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てにをは紐鏡 てにをはひもかがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

てにをは紐鏡
てにをはひもかがみ

本居宣長著。明和8 (1771) 年成立。係結法則を1枚の表にしたもの。係りの要素を「は,も,徒 (ただ) 」「ぞ,の,や,何」「こそ」の3種に分け,それに対する結びの形として,終止連体已然に相当する3つの形を 43段にわたってあげている。係りを3分し,簡潔に法則化した点に特色がある。『詞玉緒 (ことばのたまのお) 』は,これを実例に基づいて説明したものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てにをはひもかがみ【てにをは紐鏡】

語学書。1巻。本居宣長著。明和8年(1771)刊。係りの助詞と結びの用言との呼応の関係を図表にして示したもの。紐鏡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てにをはひもかがみ【てにをは紐鏡】

語学書。一巻。本居宣長著。1771年刊。係り結びの法則を体系的に表にまとめ、簡単な説明を加えたもの。紐鏡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

てにをは紐鏡の関連キーワード助辞本義一覧係り結び東条義門詞の玉緒一巻玉緒友鏡

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android