純信・お馬(読み)じゅんしん・おうま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

純信・お馬 じゅんしん・おうま

民謡「よさこい節」にうたわれた男女。
純信は土佐(高知県)竹林寺の僧,お馬は鋳掛屋の娘で茶くみ女。「おかしことよな播磨屋(はりまや)橋で坊さんかんざし買うを見た」と恋仲をうたいはやされ,安政2年(1855)ふたりは駆け落ち。追っ手につれもどされ,純信は藩外追放,お馬も所払いの刑をうけた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

純信・お馬 (じゅんしん・おうま)

生年月日:1839年12月27日
江戸時代末期の土佐の駆け落ち男女
1903年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純信・お馬の関連情報