コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純資産 じゅんしさん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

純資産

資産とは、企業のすべての資産の総額から、負債の額を差し引いた金額のことを意味する。この金額は企業の自己資本同額となるため、純資産と自己資本は同義となる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

純資産

企業が持つすべての資産(総資産)のうち、銀行などからの借り入れ(負債)に頼らない部分。資本金のほか、過去の利益の積み上げや資産の「含み益」などで構成される。総資産に占める純資産が大きいほど財務の状態がよいとされる。

(2011-11-17 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐しさん【純資産】

資産総額から負債総額を差し引いた残額。純財産。正味財産

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

株式公開用語辞典の解説

純資産

「資産」から「負債」を差し引いた金額。負債には、有価証券等の買付代金の未払金や、先物等の建玉等がふくまれている。先物等の建玉は、同額「その他資産」の項目にも計上されている。その他資産には、有価証券等の売却代金の未払入金や、先物等の建玉等が含まれている。先物等の建玉は、同額「負債」の項目にも計上されている。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんしさん【純資産】

資産総額から負債総額を差し引いた額。純財産。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の純資産の言及

【資本】より

…この意味の資本は従来,別のことばでもさまざまに呼称されてきた。たとえば純資産(資産負債との差額という意味),正味財産(資産としての積極財産と,負債としての消極財産との差額という意味),自己資本(資本主みずからが拠出し,みずからに帰属する資本という意味。これに対し負債を他人資本といい,両者を合わせて総資本とし,総資産に対比させる),資本主持分(資本提供者の一人としての資本主にかかわる持分という意味。…

※「純資産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

純資産の関連キーワードPBR(Price bookBPS(BookBPS(Book value per share)オープンエンド型投資信託ファンダメンタルズ分析株価純資産倍率 PBRアクティビストファンド実物資産ストックバリュエーションコストアプローチバリューファンド時価純資産方式株価純資産倍率持分変動損益少数株主持分Q レシオ利益準備金対外純債務対外純資産上場基準

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純資産の関連情報