先物(読み)サキモノ

大辞林 第三版の解説

さきもの【先物】

将来一定の時期に受け渡す条件で売買契約をした商品。 「 -売買」
先限さきぎり」に同じ。
将来性のあるもの。将来もてはやされるようになる可能性のあるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さき‐もの【先物】

〘名〙
① 為替取引および商品取引、戦前の株式取引で、現品の受渡期日が将来一定の期日にある銘柄またはその売買契約。⇔現物
※東京日日新聞‐明治二六年(1893)一月五日「先物四十六円より五十銭の高価を附けて」
清算取引限月(げんげつ)の一つ。先限。〔取引所用語字彙(1917)〕
③ (比喩的に) 将来どうなるかわからないもの。価値が生じる可能性を考えていう。
※ホルモン綺談(1936)〈獅子文六〉「五十年? それはイカンですよ先生。そんなサキ物(モノ)は買へんですよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先物の関連情報