紙譜(読み)しふ

日本大百科全書(ニッポニカ)「紙譜」の解説

紙譜
しふ

京都の住人木村青竹(せいちく)(生没年不詳)が江戸中期の享保(きょうほう)年間(1716~36)に編集した和紙の型録。1777年(安永6)『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』の名で出版された。縦7.2センチメートル、横16センチメートル、本文75丁(ちょう)(150ページ)の和装横綴(とじ)の小冊子で、各地方で産する和紙の品種を集録し、名称や性質、寸法などをそれぞれ示してある。製紙起源沿革なども簡単に書かれているため、紙商人の便覧として重宝され、版も重ねて出版された。1978年(昭和53)には紙の博物館から復刻版も出された。

[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android