コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素俊 そしゅん

2件 の用語解説(素俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

素俊 そしゅん

?-? 鎌倉時代の歌人,連歌師。
出家して奈良にすみ,花下(はなのもと)十念と称し,琵琶(びわ)にもたくみだった。和歌は「新勅撰(ちょくせん)和歌集」をはじめ勅撰集3集に1首ずつおさめられている。嘉禎(かてい)3年(1237)「楢葉(ならのは)和歌集」をあんだ。俗名は橘家季(いえすえ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

素俊

没年:仁治・寛元年間?(1240~47)
生年:生年不詳
鎌倉時代の歌人,連歌師。俗名は橘家季。出家して奈良に住んだ。琵琶の名手で,連歌,連句をたしなみ,連歌では花下の十念と称して毘沙門堂花下連歌に参加した。また,『新勅撰和歌集』以下の勅撰集に3首入集しており,芸術に秀でた多才な趣味人であった。南都在住の人々の作や彼らへの贈答歌を集めた,奈良歌壇の代表的な選集である『楢葉和歌集』を嘉禎3(1237)年に編んでいる。<参考文献>樋口芳麻呂『未刊国文資料楢葉和歌集と研究』

(伊藤伸江)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素俊の関連キーワード蓮阿紹九貞徳無生連歌師源氏物語・大沢本敬心寂忍信昭(2)道生(1)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone